【Google】アナリティクスとサーチコンソールの違い

  • URLをコピーしました!

会社員しながらブログ書いてます。masaです。

今回の記事は、

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールって結局何が違うの?

という人のために、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違いをお伝えします。

両者のざっくりした説明をすると、

Googleアナリティクスは、ユーザーのサイト訪問後の情報

Googleサーチコンソールは、ユーザーがGoogle検索結果からサイトをクリックするまでの情報

といった感じです。

目次

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールでわかること

Googleアナリティクスでわかること

  • ユーザー数
  • 表示回数
  • エンゲージメント
  • 直帰率 など

Googleサーチコンソールでわかること

  • 検索パフォーマンス
  • インデックス
  • エクスペリエンス など

それではブログ運営をする上で大切な部分を解説していきます。

初心者向けに書いているのでコンバージョンや収益関係は省いています。

アナリティクスでわかること

アナリティクスでは、ユーザーがサイトを訪問した後の情報が分かります。

ユーザー数・新規ユーザー数

ユーザー数とはサイトを訪問したユーザーの総数です。指定した期間内の数が表示されます。

新規ユーザー数は、指定した期間内に初めてサイトを訪問したユーザーの数です。

表示回数(PV)・セッション

アナリティクスにおける表示回数は、ページを表示した回数のことです。PV(ページビュー)とも言います。

サイト内のページを3つ表示したら3PVとカウントされます。

これと似ているのが、セッションです。

セッションとはユーザーのサイト内での一連の動作のことで、例えばサイト内のページを3つ表示してもセッション数は1です。

公式サイトに下記の記載があります。

セッションとしてカウントされる操作

セッションはユーザーが次のいずれかの操作を行うと開始されます。

  • アプリをフォアグラウンドで開く
  • 現在アクティブなセッションがないとき(以前のセッションがタイムアウトした場合など)にページまたはスクリーンを表示する

デフォルトでは、30 分間操作がなければセッションはタイムアウトのため終了します。セッションの継続時間に制限はありません。

引用元:アナリティクス ヘルプ

クリック数とセッション数

ユーザーは広告を複数回クリックする場合があります。1 人のユーザーが同じセッション内で 1 つの広告を何度もクリックした場合、Google 広告では複数回のクリックが記録されますが、アナリティクスではそれぞれのクリックで発生した複数のページビューが 1 回のセッションとして認識されます。ユーザーのこうした行為は、サイトを比較してショッピングを行う場合などによく見られます。

引用元:アナリティクス ヘルプ

エンゲージメント・エンゲージメント時間

サイト内でのユーザーの操作のことです。

例えば、サイトの内容を読むために画面をゆっくりスクロールする操作はエンゲージメントとなります。

スクロール中の時間がエンゲージメント時間となります。

直帰率・離脱率

サイト内のページを1つだけ表示して他のページに行かずサイトを離れたとき、直帰となります。

ページの表示総数にかかわらずサイトを離れたときに、離脱となります。

直帰率と離脱率の計算

1週間の直帰率と離脱率を計算するとします。

・月曜日:ページ1>離脱

このときページ1の直帰率は100%、離脱率も100%です。

・月曜日:ページ1>離脱

・火曜日:ページ1>ページ2>離脱

このときページ1の直帰率は50%、離脱率も50%です。

ちなみにページ2の直帰率は0%、離脱率は100%です。

・月曜日:ページ1>離脱

・火曜日:ページ1>ページ2>離脱

・水曜日:ページ2>ページ1>ページ3>離脱

このときページ1の直帰率は50%、離脱率は33%です。

直帰率も33%じゃないの?と思われるでしょうが、直帰率の計算にカウントされるのはセッションのはじめにページ1がきたときになります。

ちなみにページ2の直帰率は0%、離脱率は50%です。

ページ3の直帰率は0%、離脱率は100%です。

サーチコンソールでわかること

サーチコンソールでは、ユーザーがGoogle検索結果からサイトをクリックするまでの情報が分かります。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスの要素は下記の通りです。

  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR
  • 掲載順位
  • クエリ など

クリック数

ユーザーがGoogleの検索結果からサイトのURLをクリックした総数です。

表示回数

Googleの検索結果でサイトへのリンクが閲覧された回数です。

※アナリティクスにも”表示回数”があるので混同に注意です。

CTR

クリック率とも言います。表示回数のうち何回クリックされたかを割合で表したものです。

掲載順位

Google検索結果で上から何番目に表示されるかを表します。

クエリ

Google検索結果にサイトが表示されたときに検索で使われたキーワードのことです。

ユーザーがどんなキーワードを使ってサイトにたどり着いたかがわかるので超重要です。

インデックス

GoogleにWebサイトを認識されることを”インデックスに登録される”と言います。

インデックスに登録されないとGoogleでいくら検索しても検索結果に表示されません。

サーチコンソールを使えばWebサイトの記事の一つ一つがインデックスに登録されているかを知ることができます。

またインデックスに登録されていないとき、その理由も教えてくれます。

エクスペリエンス

エクスペリエンスとは”サイト内の情報以外でユーザーが体験すること”です。

例えばページ読み込み速度やサイト接続の安全性といったものです。

エクスペリエンスの質も検索順位に関係します。下記は公式サイトからの引用です。

ページ エクスペリエンスがランキングに与える影響について 

ページ エクスペリエンスは重要ですが、それでも Google は、ページ エクスペリエンスが劣っていても、全体的に価値の高い情報を含むページを上位にランキングするようにしています。つまり、いくらページ エクスペリエンスが優れていても、コンテンツが優れたページを上回ることはありません。ただし、関連性が同程度のページが多数存在する場合の検索ランキングにおいては、このページ エクスペリエンスが一段と重要になります。

引用元:Google検索セントラル

エクスペリエンスの要素は下記の通りです。

  • 読み込みパフォーマンス
  • インタラクティブ性
  • 視覚的安定性
  • モバイルフレンドリー
  • HTTPS
  • インターステイシャル など

読み込みパフォーマンス

読み込みパフォーマンスは、LCP(Largest Contentful Paint)とも言われます。

ユーザーがWebサイトのURLをクリックしてから表示されるまでの時間のことです。

インタラクティブ性

インタラクティブ性は、初期入力遅延・FID(First Input Delay)とも言われます。

ユーザーが最初にサイト内のリンクをクリックしてから読み込みを開始するまでの時間のことです。

視覚的安定性

視覚的安定性は、CLS(Cumulative Layout Shift)とも言われます。

ページ読み込み時のページレイアウトの移動量のことです。

下記の動画がわかりやすいと思います。

引用元:web.dev

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーとは、スマホのようなモバイル端末でもWebサイトの表示が最適化されていることです。

スマホでの閲覧が増えているのでSEO向上のために大切な要素になっています。

HTTPS

Webサイトの接続の安全性を示しています。

接続が安全であれば、URLに下図のようなカギマークが付きます。

インターステイシャル

インターステイシャルとは、目的のWebページの前後に表示されるWebページのことです。

Webページにアクセスしたときに画面いっぱいに広告が表示されることがありますよね。それがインターステイシャルです。

まとめ

もう一度両者のざっくりとした違いを載せておきます。

Googleアナリティクスは、ユーザーのサイト訪問後の情報

Googleサーチコンソールは、ユーザーがGoogle検索結果からサイトをクリックするまでの情報

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを始めたいという人はこちらもご覧ください。

それでは、快適なブログライフをお過ごしください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次